MDD(Model Driven Development)

概要・背景

顧客のIT予算が縮小される中、システム開発の生産性や品質はさらなる向上が求められています。 さらに、顧客のビジネスはより複雑になっており、伝統的な開発手法での問題解決は限界に達しています。
LG CNSでは、MDD(Model Driven Development)ツールを開発、金融機関の業務系システム構築において 実績を積み重ね、生産性と品質の向上が実証されています。

MDD(Model Driven Development)

特長

■MDD-R リバースエンジニアリング
 COBOL・C・Javaソースから、分析のための設計文書や業務構造・流れを把握するためのモデルを生成します


■MDD-F フォワードエンジニアリング
 モデル(UML)から100%実行可能なJavaソースを生成します

LG CNS MDD紹介サイトへ